メンテナンス事例

害虫消毒

株式会社 大屋造園

病害虫の消毒や予防

樹木の種類などで病気や害虫駆除の方法が異なります 松などに多く発生する「葉ふるい病」モチノキやカエデ・ツツジなどに多く発生する「黒やに病・炭素病」サルスベリには「うどんこ病」「すす病」など病気は様々です。 ケムシ・イラガやコナカイガラムシ・アブラムシ類の害虫など1年を通して消毒を行っております。
マツノザイセンチュウ防御のための治療

薬剤注入の時期=11月後半~2月中(松の樹液が出なくなる冬季の注入が原則)樹幹注入する分量を決めるために胸高直径を測る。

薬剤が入りやすいようにドリルで斜めに孔を空けて薬剤を注入する。

薬剤注入完了(液剤が無くなるまでそのまま) 使用した薬剤名(ショットワンツー液剤60㎖)

施工店詳細ページへ

関連の施工実績

一覧へもどる

庭創作倶楽部とは

エリア内の施工店を探す 新潟県

庭創作倶楽部 新潟版モバイル

お庭の用語集

季節ごとのお庭のお手入れ

タカショー